高尾(こうお)の邸宅跡

高尾(こうお)の邸宅跡
頂上の平坦地には「王院の馬場」「小院の馬場」と称される馬場跡があり「王院の馬場」は長さ約三百メートル、それより西下方の「小院の馬場」は約百メートルあり、施基皇子が馬の調練に使用したと伝えら、今も土地の両肩が少し高くなっていて昔の姿をとどめています。
屋敷跡はこの馬場より北へ約二、三百メートル行った、頂上より少し低いところにあると言われています。
高尾の古老の話を記すと屋敷跡は北東の山を少し削った約二千平方メートルの面積の場所で、上、下二段からなる平地である。
周囲は小石を、敷き溝を掘って排水の便が施されており、土塀の一部も残っているという。
昔は時々、古瓦が出土したと言われ、当時の王家にふさわしい邸宅跡を今にとどめているということである。
高尾(こうお)の地図
施基皇子は何人かの召使や従者、妃などと共に生活を楽しんでおられたようであり、いわゆる世を捨てた隠棲ではないので、ここから各地へ気の趣くままに出かけ、また藤原京の宮中へも参内しておられたと考えられるのです。