皇統三十八代天智天皇の御代

皇統三十八代天智天皇の御代、天皇は皇后のほかに八人の妃がおられ、四人の皇子と十人の皇女が生まれています。
皇后には子がなく、嬪と称する中央有力豪族出身の妃には一人の皇子と七人の皇女が生まれたが、その大事な一人の皇子は八歳で亡くなられました。
宮人と称する、中流以下の中央豪族や地方豪族出身の妃からは、三人の皇子と三人の皇女が生まれています。
施基皇子(志貴皇子)の母もこの宮人であったので、身分の低い母からの出生の皇子と言えます。
天智天皇が薨去されてから「壬申の乱」を経て、天武天皇が政権を担うようになりました。
しかし、天武天皇は、兄の天智天皇以上に心の広い徳望のあった天皇で天智天皇の残された皇子、皇女に対しても、自分の多くの皇子、皇女と分け隔てなく養育をされたと伝わります。
しかし、当時の唯一の歴史書である「古事記」「日本書紀」は、それが天武天皇系によって作られた関係もあって、天智天皇系のことは、よほど重大なことでない限り載せていないので。施基(志貴)皇子の生年についてはまったく不明です。
しかし天武天皇との皇子の関係から推察して、凡そ、天智天皇5年(666)の前後一、二年くらいの出生と考えられます。
従って父であった天智天皇の薨去は皇子が6歳か7歳の時ということになります。
壬申の乱で兄の大友が死に、大津京の滅亡は、その翌年であるから、わずか6、7歳の施基皇子はこの激動をどのように感じておられたでしょうか。