伊勢皇大神宮

令和元年5月4日
伊勢皇大神宮 外宮に参詣、
およそ2000年前、垂仁天皇の御代から五十鈴川のほとりに鎮まります皇大神宮こうたいじんぐうは皇室の御祖先であり、我々国民から総氏神のように崇められる天照大御神あまてらすおおみかみをお祀りしています。
内宮の入口である宇治橋をわたり、玉砂利を敷き詰めた長い参道を進むとそこは神域。「心のふるさと」と称される日本の原風景が広がります。





そして内宮参詣


伊勢志摩スカイライン・朝熊山 相差へ