一日24時間以上を生み出す「時間投資術」「時間投資思考」

今から5分だけあなたの時間を「投資」していただけたなら、そのリターンとして1日を24時間以上にする「時間投資術」をあなたにお教えします。
悪くない話でしょう?

「今、”めちゃくちゃ”忙しくて…」が口癖の男
ある男の話をさせてください。

平均的なサラリーマンと同じく、彼も毎日仕事に追われる日々を送っていました。
朝7時に家を出て、暑苦しい満員電車に揺られながら出社。彼は数人の部下を持っていましたが、毎日部下から「ちょっといいですか…?」と、一人でなんとでもできるようなつまらない質問をされては丁寧に答え、得意先の緊急の電話に対応し、上司に任されているプロジェクトをほとんど一人でこなし…

いつも、気づけば家に帰るのは11時過ぎ。5歳になる娘はとっくに寝ていて、妻が用意してくている晩御飯をレンジで温めて食べる。
その日のうちにやりきらないといけない仕事があるので、家でも仕事をして、毎日寝るのは2時でした。
家族と過ごす時間はほとんどなく、まるで他人のような関係です。

休日も、睡眠不足を解消するために寝ていることが多く、娘には「お父さん、毎日寝てるね」と言われる始末。
妻にも帰りが遅いことや休日にずっと寝ていることを愚痴られ、決まってする言い訳は

「今、めちゃくちゃ忙しいんだ」

彼は、仕事ができなかったわけではありません。
むしろ、仕事のムダを省き、きちんと部下の面倒を見て、上司に任された仕事も積極的に取り組んでいました。
しかし、彼が効率的に仕事をこなせばこなすほど、成果をあげればあげるほど、それよりも多くの仕事を頼まれ、結果的に以前よりも長時間働かなければならない状態に陥っていました。

彼はこの状況をなんとかしようとしました。
仕事、家族との時間、健康、趣味、自分がやらなければならないこと、やりたいことを洗い出して、それに優先順位をつけてみたのです。
ですが、それでも、やらなければならないことが多すぎて、圧倒的に時間が足りませんでした。
本屋でビジネス書を手に取って、流行りのスケジュール帳やタスク管理のためのチェックリストを使ってみてもやはり結果は変わらず、圧倒的に時間が足りません。

どれだけ効率的に仕事をしても、どれだけ綿密にスケジュールを管理しても仕事は減るどころか増える一方だった彼は、ある日ふと気づきました。

一流の人々は、絶対に「忙しい」と言わない、と。

そして、彼はその一流の人々がどのように仕事をしているかを調べる中で、彼らが「3時間睡眠でもパフォーマンスが落ちない」だとか、「作業効率が凄まじく高い」だとか、そんな特殊な能力を持っているわけではないこともわかりました。

もちろん、彼らだけ一日48時間あるなんてこともありません。それどころか、5つのことを「やらなくてもいい」と、自分自身に許しを与えていたんです。

この5つの「やらないくてもいいこと」をやらない代わりに、一流の人々は自分の時間を「投資」していました。
つまり、今自分の時間を投資して、将来の自分の時間を増やしていたということです。

彼は、この「時間投資術」を使うことで、生活を一変させました。

仕事は定時で切り上げ、週に何度かは仕事帰りに、健康のためにジムに通えるようになりました。

晩御飯も妻と娘と一緒に食べられるようになり、家族と過ごす時間がかなり取れるように。休日には家族と旅行に行くこともできるようになり、最近妻はずっと上機嫌です。

プライベートの時間が充実したにもかかわらず、彼の会社での成果は以前よりもあがっています。

また、その成果が認められて、社長から直々に「新規事業の立ち上げをやってみないか」と、新規事業のリーダーにも抜擢されました。

彼の仕事の成果とプライベートの充実ぶりを聞いた同僚は「お前、本当は一日48時間あるんじゃないか?」と冗談交じりに言います。

彼が実践した「時間投資術」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:マーケティング

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です